顧問税理士を付けるメリットとは

顧問税理士を付けるメリットは、どのようなことが考えられるかについて考えてみたいと思います。それは、税金に関しての対策を考えることを減らせるということです。企業の経営者は、日々成長していき売上を伸ばすということに専念しがちになりますので、どうしても税金に関しての対策には手が回らなくなりやすいのです。もし仮に税金に関しての対策までしようとすれば、営業活動に十分な時間を確保できずに、そのことによって事業成長を鈍らせるといったことにもなりかねないのです。ですから、顧問税理士を付けて、税金に関することは税理士の先生に全て任せて、経営者はあくまで営業活動に専念した方が、企業の売上は上がります。確かに顧問税理士を付けるとなればそれだけのコストがかかりますが、その分営業活動に専念できるため、結果的には売上の増加を見込めます。

顧問税理士を付けるメリットについて

顧問税理士を付けるメリットについて、紹介したいと思います。企業経営をしていれば、必ず税金対策に関して頭を悩ませるかと思います。いかに合法的に節税できるかを経営者は、常に考えています。ですが、経営者はあくまで経営のプロですが、税金対策のプロではないのです。そこで、顧問税理士を付けて税金対策に関して一任した方が安全に節税対策ができます。これが、メリットです。税金というのは、税制によって決まっています。この税制には、複数の方法からもっとも有利なものを選択することが可能なものがあります。この事実を知らないことで、結果的に不利な方法を選択してしまって、本来節税対策をしていれば過大に税金を支払うことがなかったはずなのに、節税対策を行わなかったことで過大に税金を支払うことになってしまうのです。ですから、顧問税理士を付けるメリットがあるのです。

顧問税理士を雇うメリット

顧問税理士を雇うメリットについて、考えてみたいと思います。税理士と顧問契約を結ぶことによって会社としては、かなりメリットがあると思います。それは、税務調査に対応してくれるということです。会社としては、税務調査ほど怖いことはないのです。税務調査というのは、税務署員が会社や自宅等に訪問して、税金の申告がきちんと正しく行われているかどうかといった調査をすることです。この税務調査は、法人であれば3年に1度くらいの頻度で実施されるのが一般的です。この税務調査は、ある程度事前に対策をしておける部分ですので、前もって顧問税理士を雇っていれば相談しておけます。逆に税務調査の対策をしていない場合には、税務調査によって適正税額を追徴課税されたり、場合によっては過少申告加算税や重加算税といった重い罰則がある税金を支払うことにもなりかねないのです。以上のように税務調査というのは、会社としては悩みの種となりますので、その悩みを解消してくれるのが顧問税理士を雇うメリットなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)