顧問税理士に関する記事

顧問税理士とは、企業や団体と顧問契約した税理士のことです。税務を行う通常の税理士とは違い、契約内容に応じて顧問側の経営に関する相談やアドバイスを行ったり、顧客(クライアント)の税務上の相談にのったりアドバイスを行うなど、コンサルタントに近い業務です。顧客ごとの実情が把握できる、また精通することになるので、税務以外に、経営や財務の分析を行うことが出来るため、より適切に経営についてのアドバイスが可能です。法的な問題にも詳しいので、顧客との契約、労務管理、資金調達などの面でも相談できます。税務代理、税務書類の作成、起業の支援、資金調達、節税も大事な業務です。企業では必ず所得税、法人税などの税務申告を行っていますが、万が一誤った申告がされていないことが無いよう、顧問税理士に経理事務などを日頃からチェックしてもらうことが大事です。

顧問税理士というものについて

顧問税理士という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。これは、株式会社等の会社や個人事業主が、顧問として税理士と契約を結び、毎月一定の顧問料を支払うというものです。この場合、税理士に税務相談をすることができます。顧問税理士を付けることの可否についてですが、一定以上の収入がある会社や個人事業主の場合は、付けるべきです。以下、その理由について具体的に解説していきたいと思います。まず、節税対策です。税法は非常に専門的で複雑多岐にわたります。このような法制度の中において、素人が全てを熟知するのは非常に困難なのです。よって、自分で確定申告することは不可能ではないのですが、適切に節税対策を行えない場合もあります。次に、税務署による税務調査対策です。会社や個人事業主には、数年に一度税務署による税務調査が入ることがあります。適正に確定申告が行われているのかを調査するためです。この場合に、税の専門家である顧問税理士でないと税務署の質問に適切に回答するという対応ができない場合が多いのです。

顧問税理士がいた方が節税対策には効果的

お店や会社を経営していて、ある程度の利益が上がっている場合は顧問税理士と契約しておくことをお勧めします。なんといっても税金のプロですので、素人判断で想像以上の損害を引き起こす可能性が多々あると思うからです。素人にはわからない節税のポイントやしなければならない手続きなど時間や労力をかければ自分でも出来るかもしれませんが、お金は有る程度はかかりますが、少し節税すれば顧問税理士の費用位は節税できると思います。その時間や労力を本業の方に行かした方が効率的だと思います。特に税金関係の法律等は頻繁に改正されることが有りますので、経理にとても強い方でしたら出来るかもしれませんが素人が毎年それに対応するのは困難なことも有ると思います。お店や会社の将来のビジョンを持っている場合、税理士に相談することによって新たな方法が提案されるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)