大阪でも様々な種類のフロアコーティング施工が可能です

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の中でフローリング床になっている場所と言うとリビングルームに寝室、子供部屋にトイレなど、和室の畳以外はすべてがフローリング床材になっているケースも多いのではないでしょうか。トイレや脱衣所、洗面所やキッチンなど水回りは水が飛び散る事もあるので、別の素材にしているケースも多いかと思われますが、フロアコーティングを行っておけば、和室以外はすべてフローリング床にする事も可能です。
大阪の業者さんなども、ウレタンやガラス、シリコンなど幅広い種類のコーティング材料を使って施工が可能になっているので、耐用年数を初めメリットやデメリットを把握した上でニーズに合う材料で施工して貰うのがお勧めです。また、コーティング剤が乾くまでの日数についても把握しておくようにしましょう。

耐用年数と乾くまでの目安について

大阪の業者さんが取り扱っているフロアコーティングの材料は、ウレタンやガラス、シリコンにUVコーティングなどの種類が一般的です。いずれもフローリング床の表面に塗膜を作るので水が飛び散った時、水をこぼしてしまった時など、乾いた布で拭き取れば浸み込む事もなく安心ですし、ガラスなどは長期間ピカピカの状態を維持します。材料の違いの中には価格や耐用年数がありますが、シリコンは5年から10年、ガラスは10年前後、ウレタンは8年から10年、UVコーティングについては20年以上の耐用年数を持ちます。
住宅の寿命を考えた場合、UVコーティングなら2度の施工で良いわけです。さらに、UVコーティングは乾燥までの時間が最も短い、塗装を行ってすぐに乾きます。これに対して他の材料は2日から3日を要します。

広範囲の塗装になるので価格での比較も大切です

耐用年数が20年以上と言われているUVコーティングは価格が他の材料と比較した時、価格が高いのが特徴です。耐用年数が長くなるので値段も高くなるわけです。リビングルーム他、色々な部屋のフローリング床のフロアコーティングを行えば予算オーバーになってしまうケースもあります。但し、ウレタンやシリコン、ガラスなどの材料は耐用年数としては10年前後、20年間の中で2度の施工を行う事を考えた場合、UVコーティングの方が安いケースもあります。
大阪の業者さんなどの場合、それぞれの材料毎に見積もりを作成して貰う事が出来るので、ウレタンやシリコンを使った時の費用、UVコーティングを使った時の費用を比較しておきましょう。ちなみに、リビングルームはUVコーティング、寝室はウレタンなどで施工する方法もあるので検討しておくと良いでしょう。