フローリングの掃除が楽になるフロアコーティングを大阪で

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リビングルームを初め、寝室や子供部屋、各部屋への通路でもある廊下は板材を使ったフローリング仕様になっている住宅が多くなっています。フローリング床はいわゆる洋室であり、畳の部屋とは異なり家具をおいても畳が凹む事がありませんし、自在に模様替えが出来るなどのメリットを持ちます。
しかし、フローリング床は木材が原料などからも、水拭きが出来ない、水や飲み物をこぼしてしまうと浸み込んでしまって跡が残る事もあります。水拭きが出来ないので汚れをきれいに落とせないなどのお悩みの人も多いのではないでしょうか。大阪の業者さんの中にはフロアコーティングの施工を手掛けている会社が多くあります。既存のフローリング床の表面に特殊コーティングを施すもので、傷や汚れが付きにくいなどのメリットを持っています。

特殊コーティングがフローリングを守ります

大阪の業者さんが施工を行うフロアコーティングはフローリング床の上にシリコンやウレタン、UVコーティングなど特殊なコーティング材料を塗布するもので、コーティング膜が表面に形成されるため長期間きれいな状態を維持する事が出来ます。また、耐水性もコーティング材料が高めてくれるので、水をこぼしてしまったり、小さなお子さんがジュースをこぼした時でもすぐに拭き取れば安心です。
ペットを飼育している場合でも、ペットの爪でフローリング床が傷ついてしまう事を防止出来る、ダイニングに使用している椅子を引きずるとフローリング床は傷がついてしまいますが、コーティング塗膜が保護してくれるので傷がつきにくいなどのメリットもあります。さらに、日常の掃除で水拭きが出来るので楽になるなどのメリットも持っています。

1年に1度のワックスがけ作業からも解放

フローリング床はきれいな状態を維持するためにはワックスがけが必須です。市販のワックスは半年から1年などの耐久性しかないので、その都度ワックスがけをしなければなりません。大阪の業者さんが施工を行っているフロアコーティングはウレタン材料なら5年前後、シリコン材料なら10年前後などの耐用年数を持つので、この間のワックスがけが要らなくなりますし、UV仕様のコーティング材料を使えば、日焼けからフローリング床を守ってくれるなどのメリットもあります。
さらに、コーティング保護膜がフローリング床の表面を覆うので、耐水性が向上して水拭きでの掃除が出来るようになります。フローリングは木材を使っている関係からも、掃除する時には乾拭きが基本ですが、コーティング処理が行われれば雑巾がけを行う事も出来ます。